スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
白バラの祈り
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]
(2006/09/22)
ユリア・イェンチアレクサンダー・ヘルト

商品詳細を見る


(よそのblogで2005年に書いた記事です)
『Sophie Scholl - die letzten Tage(ゾフィー・ショル-最期の日々(仮題)』を見てきました。

ナチス政権も終わりに近づいたころ。
ミュンヘンの大学に通うゾフィーと兄のハンスは、ナチスを批判する組織「白バラ」に加わって、ナチスのしている残虐行為、ドイツの本当の戦況などを知らせるビラを作成し、家々に配っていました。
6回目のビラを作ったとき、兄と妹は、仲間の反対にもかかわらず、大学にも配ることを決意します。
ビラをすった翌日、大学の廊下や階段にビラを置きますが、それを大学の事務員に見つかり、ゲシュタポへ連れて行かれ、わずか数日後に処刑されてしまいます。

ビラを作った日から始まり、大学でのビラ配り、発覚、取調べ、裁判、そして処刑までの数日間をゾフィーに焦点をあててたどっています。

映画の後でマルク・ローテムンド監督のお話があり、撮影秘話(?)も聞くことができました。
ややうろ覚えですが、ご紹介します。

映画は2年を費やして作られました。
当時の取調べ時の調書や裁判の記録、兄弟を知る人々、ゾフィーと同じ房に入っていた女性がゾフィーの両親に当てた十数枚に及ぶ手紙などを綿密に調べ映画が作られています。

撮影場所はほとんどが実際の場所です。
二人が住んでいるアパート、二人が通っていた大学、裁判所も当時のまま残っています。
ゲシュタポが二人を連れて大学のホールを出るシーンがあるのですが、このホールもまさしく同じ場所でした。

またナチスのプロパガンダ用に撮影されていた公開裁判の映像が残っていて、それを元に裁判シーンを撮影しました。
判事がまくし立て、被告の意見に全く耳を貸さず、弁護人も弁護しないという裁判だったようです。
実はつい最近までドイツ人はこの映画にあるような非道な裁判は行われていなかったと信じていたのだそうです。

処刑シーンではナチスが実際に使っていたギロチンを借りてきて撮りました(兄弟を死に追いやったギロチンではありませんが)。

日本の映画館での実際の公開は来年になるそうです。

ゾフィーの「法ではなく良心に従う」という信念に心打たれます。
スポンサーサイト
[2010/01/22 22:50 ] | 雑談 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top
勉強法
知り合いに英仏日の3カ国語を話せ、現在中国語を勉強している語学の達人がいるので、彼に勉強法を聞いてみました。

★参考書を何冊か読む。(←ふむふむ)

★参考書を読み始めてから、かなり早い段階でニュースなども読み始める。もちろんわからない単語ばかりだけれど、ポイントとなるような単語のみ辞書で確認し、それ以外の知らない単語はとりあえず無視。大量に読むことが大事。(←単語一つ一つにつまずく私はつまずきすぎか)

★単語を覚えることは特にしない(←多分記憶力がすごくいいんだろうな)

★語学雑誌についているCDを聞く(←NHK語学講座はトピックが弱すぎてつまらないらしい。語学雑誌のCDは時事ニュースなど内容的にもおもしろいものが含まれているので、そちらが好きとのこと)

★検定試験を受ける(←試験ね・・・)

ニュースを大量に読むことをとりあえずやってみようかな。
[2009/05/16 10:32 ] | 雑談 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top
NHK講座の活用法
AERA Englishで「NHK 使い倒せ」特集が組まれていましたので、見てみました。

効果ありそうだなと思ったのは関西大学の田尻悟郎先生のNHK講座活用術。

語学の習得には理解→習熟→応用の3段階があるのだそうです。

「理解」の段階
1.英語の音声を聞く。聞いてできるだけ意味を理解する。
2.シャドーイングする。
3.シャドーイングできなかった単語を辞書でひく。テキストを見ないで耳で聞いた音からつづりを想像してひくのがポイント。
4.ここで初めてテキストの英文を見る。
5.もう1回、英語の音声を聞く。

「習熟」の段階
1.テキストの英文を見ながら音読する。音声を聞きながら同じスピードでテキストを声に出して読む。
2.テキストを一文ごとに音読し、顔を上げてテキストを見ないで言ってみる。わからなくなったらテキストを見る。ラジオの音声と同じスピードでいえるまで繰り返す。
3.ここで初めて日本語訳を見る。日本語訳を見て英文を言えるように。
4.スピードを上げる。日本語を見ながら口から文章がスラスラと出てくるまで練習する。

「理解」、「習熟」をやると1時間くらいかかるのだそう!

「応用」の段階
出てきた言い回しを使って外国人と話す。

全部まねすると、絶対続かないので、どれか一つでもやってみようっと。


[2009/05/13 22:19 ] | 雑談 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
NHKフランス語講座が激変?!
昨日、NHKラジオフランス語講座のテキスト3月号を買いにいきました。
4月からの新講座はどんなのかな?と予告編を探すと、びっくり。
注目講座「リトル・チャロ カラダにしみこむ英会話」と「チャロの英語実力講座」の広告が見開き2ページにわたって掲載されていました。
あれ、フランス語のテキストよね、と表紙を確認。
やっぱりフランス語。
なんで英語の宣伝なんだ!
それはともかく、4月からのフランス語は・・・と探すと・・・
なんとラジオ講座が一新されるのだそうです!
放送時間が15分間になり、月~金までと短くなります。
「まいにち**語」と名前も変わり、入門・初級から中級レベルを対象にするとのこと。
さらにアンコールラジオ講座というのも始まり、月曜日から土曜日まで1日20分、再放送なしで過去の放送を再放送します(いつまで続くのか不安)。
しかし、これをどう録音したらよいものやら。
「まいにちフランス語」は朝7時30分から45分までなので家で録音すればよいのですが、アンコールのほうは11時40分から12時。
その時間はもちろん会社。
でも会社はラジオがきれいに入らないので会社で録音は不可能。
家で録音しても良いのだけど、私の勉強時間は電車の中なので、ラジオを置いて出勤は無理・・・
アンコールをあきらめるしかないのか、もう一台Talk Master買うのか、この1ヶ月間悩むことになりそうです。

[2008/02/29 23:31 ] | 雑談 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
フラ語が話せない
All aboutのフランス語のサイトに「日本人がフラ語を話せない5つのワケ」というのが載っています。
みなさん思い当たる節はありますか?

私は、実はあまり思い当たりません。

フランス語に限らず、外国語の習得が不得手と言われる日本人、いろいろな理由があちこちで解説されていますが、私が一番思い当たるのは村上春樹さんのエッセイ「やがて哀しき外国語」の一節です。

「自分の思っていることをすらすらと口語的に表現できない人は、外国語をいくら熱心に勉強したところで、その言葉でもやはりうまくは話せないだろう。これはもともとの性格的傾向の問題であって、なおそうと思って簡単になおせるものではない。日本語の歌をうまく歌えない人が、英語で歌ったところで急にうまく歌えないのと同じことだ。」

自分を振り返ると、まず初対面の人と話すのがひどく苦痛です。
慣れるとぺらぺらしゃべるのですが、慣れるまでが一苦労ですし、話せてもそれはあくまでも1対1とか多くても2~3人までで、それ以上の人がいると話せません。
会議で発言を求められてもすごくドキドキして、声がうわずったり。
そんな人間がちゃんと話せもしない外国語を使って話すなんて、やっぱり自分をかなり変えないと難しいのではないでしょうか。

私の知っている語学の天才達は、大体日本語でもぺらぺらよく話します。
また、ぺらぺらしゃべらない天才もまれにいますが、そういう人は文法、語彙など自分の外国語能力に相当な自信を持っている人です。
ということで、私は口では「全然話せなくて嫌になります」とか言っていますが、それほど悩んでいるわけではありません。
性格的な問題も絡んでいるし、記憶力も悪いほうですから、自分としてはよくやっている方だよ、と思っています。
[2008/02/03 11:44 ] | 雑談 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。