スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
フランス料理本のおすすめ
フランス ふだんのおそうざい―かんたんレシピとワインとチーズフランス ふだんのおそうざい―かんたんレシピとワインとチーズ
(2004/12)
大森 由紀子

商品詳細を見る


料理の本を見ながら作ってもうまくいかず、「あぁ、料理の才能がないんだ」と落ち込んでいた私。
そんな私を救ってくれたのは某雑誌の悪口座談会みたいな記事のこの一言「某雑誌に載っている料理って、おいしそうなんだけれど、実は作るとさほどなんですよね~」。
そっか、なにも私だけのせいではなかったのか・・・・・

そんな私が一押しするのが大森由紀子さんの本。
この写真の「フランスのふだんのおそうざい」は「フランス地方のおそうざい」の続編ともいうべき本です。
「フランス地方のおそうざい」のなかからいくつか作りましたが、なかなかおいしくできあがりました。
どれも簡単で材料も日本にありふれたものがほとんど。
この本を買ってから、リーズナブルを謳っているフランス料理のレストランへ行く気がうせてしまったほど。
なんせ、そういうところのメイン料理として出されているような料理が実は驚くほど簡単だったことが、この本に出会ってわかったからです。

たとえば「フランスのふだんのおそうざい」に出てくるワーテルゾーイという料理。
ベルギーのレストランでもワーテルゾーイを食べましたが、本に出ているワーテルゾーイのほうがおいしかった!

おすすめです。
スポンサーサイト
[2009/06/18 22:36 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る

爆笑までは行きませんが、クスクスっと笑えます。
それより、へぇーっ、知らなかったレベルのことが結構書いてあって、そちらのほうが気に入りました。
「しゃもじ」の語源とか、答案の○×の意味が国によって反対だとか、「しかと」は任侠用語だとか・・・
フランス人の学生さんは2人出てきます。
一人は任侠映画ファンのマダム、もう一人はいまいちキャラが薄いルイ(でも同人誌が欲しいらしい)。
エピソード的には中国人学生のエピソードが一番おもしろいです。
特に缶詰の話が。
ネタばれになるので、このへんで。
コミックエッセイなのですぐに読めてしまいます。
もうちょっとエピソードがあればな・・・ぶ厚くても買ったよと思います。
[2009/06/09 22:43 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
Dragon Ball
ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックスドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス
(2002/12/04)
鳥山 明

商品詳細を見る


今、ドラゴンボールにはまってしまってます。
スーパーサイヤ人がでてきたところで、止まってます。
会社行ってもドラゴンボールの続きが気になり、まずいですね・・・
フランス語はどうしたんじゃいって感じですが、これをフランス語で読むといいんだろうな。
でも戦闘シーンが多いから読むところ少ないですよね、きっと。

フランスでも人気があったみたいですね。
アニメが1988年にTF1で放送されてます。

なんと、この春は実写版の米映画が公開されるようです。
おもしろいのでしょうか?
[2009/02/14 17:58 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ともだちは海のにおい
ともだちは海のにおい (名作の森)ともだちは海のにおい (名作の森)
(2004/09)
工藤 直子長 新太

商品詳細を見る


長新太さんの絵にひかれて買ってみました。
ビールが好きで小説や詩を書くのが大好きなくじらと、お茶が好きで体操をするのが大好きないるかのお話です。

お話の合間にくじらの詩がところどころに挿入されるのですが、その中にくじらがパリに行ったときに書いたフランス語の詩があります。

ぼんじゅーる  

ぼんじゅーる まだむ
うい うい めるしー
のんのん むっしゅ
(以下略)

この詩につけられた訳がまたすばらしいのですが、それは本を読んでくださいね。
くじらが住んでいたリュクサンブール公園の、噴水のある池に行ってみたくなりました。
[2008/10/13 14:46 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
語学学習につまづいたら・・・
~「特に」語学に効く心理学~おとなの学習 自己チュー宣言!~「特に」語学に効く心理学~おとなの学習 自己チュー宣言!
(2008/05/24)
香山リカ

商品詳細を見る


「マガジンアルク」に掲載された連載記事「香山リカの語学に効く心理学」をまとめたものがこの本です。
私のようにすぐ怠けたり、なげやりになってしまいがちな語学学習者を励ましてくれる本です。

私の周りには語学の達人がけっこういるので、はっきりいって気がめいるのですが、そんなネガティブな感情こそ、語学学習の敵!なのだそうです。
私も心を入れ替えて、「けっこう、がんばっているやん!」と自分を褒めてうぬぼれていこうと思います。
[2008/09/13 22:44 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。