スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
エスパドリーユ espadrilles
プチ・ニコラ もうすぐ新学期 (かえってきたプチ・ニコラ (1))プチ・ニコラ もうすぐ新学期 (かえってきたプチ・ニコラ (1))
(2006/11)
ルネ ゴシニ

商品詳細を見る
Les vacances du petit Nicolas(プチ・ニコラのヴァカンス)という子供向けのフランス語の本を読み終わりました。

小学生ニコラの夏休みについてのエピソードを書いた本です。
前半は家族で海に行ったときのお話し、後半はcolonie de vacances(夏の林間学校、臨海学校みたいなもの)のお話です。

colonie de vacancesの出発のエピソードの中で、ニコラのママが荷物の用意をする場面があります。
ママは旅行かばんの中に、半そでのシャツ(les chemisettes)、短パン(les shorts)、les espadrilles、ミニカー(les petites autos)、水着(le maillot de bain)・・・などを詰めます。

用意するものの中で一つ謎のものがありました。
espadrillesです。
発音はエスパドリーユか・・・。
え!ひょっとしてずいぶん前に流行った、赤とか青とかの原色のおしゃれなサンダル、エスパドリーユのこと?
うーむ、さすがお洒落な国フランス。
ニコラは小学生なのに、おしゃれなエスパドリーユを履くのか。

フランスではエスパドリーユは夏の定番履物。
もともとはバスク地方の履物で、縄底のビーチサンダルです。

最近はシルク素材や、先の細いデザインのエスパドリーユもあって、さらにおしゃれになっているのだそうです。
スポンサーサイト
[2010/01/18 22:35 ] | 単語帳 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
eメール courriel
これだけ海外の情報がいとも簡単に手に入る時代、外来語の影響は避けることはできません。
特に影響力絶大な英語と同じ文字であるアルファベットを使っている国々では、英語の影響をうけやすいでしょうね。

フランス語では英語の語彙をなるだけ排除しようと取り組んできており、たとえばフランスの公式文書などでは官薦語(recommandations officielles)なるものを使用するように求められるそうです。

コンピュータ関連の語彙は日本ではほとんど英語を字訳してカタカナにしたものを使っていますが、フランス語ではいろいろ知恵を出し合ってフランス語独自の単語を作り出しているようです。

その一つがEメール。
messagerie e’lectronique(電子メッセージ)
courrier e’lectronique(電子郵便)
などと訳されているようですが、もちろん、これでは長すぎますので、縮めて、
me’l(メル)
courriel(クリエル)
とも書くようです。

実際はどの程度使われているのか、Google frで検索をかけてみると、
e-mail 25 100 000 件
me’l 1 040 000件
courriel 18 000 000件
と意外にもcourrielが健闘しています。

次のページにはcourriel、e-mail、どちらを使うかが載っています。
http://www.arobase.org/culture/courriel.htm
ル・モンドなどの高級紙はcourrielを使っているようですが、一般的にはe-mailが優勢なようです。

ところで、上記のページにはちょっとびっくりなことが書かれていました。
courrielはケベックからやってきた語彙なんだそうです。

参考:NHKラジオフランス語講座2002年10月号テキスト
[2010/01/12 22:09 ] | 単語帳 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
イギリス Grande-Bretagne イギリスの britannique
悲劇のプリンセス ダイアナ [DVD]悲劇のプリンセス ダイアナ [DVD]
(2007/10/05)
デイヴィッド・アイク、

商品詳細を見る

前回のblog「偉大な」で紹介した偉大なフランス人アンケートと同様のアンケートが実はイギリスBBCの「the Great Britons」という番組でも
実施されていました。
http://www.bbc.co.uk/history/programmes/greatbritons.shtml
トップ10は以下の通りです。
カッコ内は得票率。

Winston Churchill (28.1%) - ウィンストン・チャーチル:第2次世界大戦下のイギリスの首相。フランスがドイツ軍に降伏した後、イギリスだけでは埒が明かないとみて、米ソを世界大戦に引きずり出し、イギリスを大戦勝利に導いた人です。

Isambard Kingdom Brunel - (24.6%) -イザムバード・キングダム・ブルネル: 産業革命期のエンジニア。グレート・ウェスタン鉄道の初代技師長で、駅舎や土木建造物、船舶などを残します。彼の父であるMarc Isambard Brunelもエンジニアとして有名ですが、マルクは実はフランス人で、社会情勢を理由にフランスを出、アメリカを経てポーツマスに移住しました。ポーツマスに移住後に生まれたのがイザムバードです。

Diana, Princess of Wales - (13.9%) - ダイアナ、プリンセス・オブ・ウェールズ:チャールズ皇太子の元皇太子妃。チャールズ皇太子との結婚が決まって、一躍脚光を浴びます。ヘアスタイルを変えただけでニュースが配信されるほどの人気者。二人の男の子に恵まれますが、皇太子の不倫が原因で、自身も不倫に走り、その結果、皇太子と離婚することに。離婚後、対人地雷の禁止を訴えるなどボランティア活動をする一方、男性との噂も休まるところなしで、マスコミに常に追いかけられていました。パリで交通事故にあい死去。

Charles Darwin - (6.9%) - チャールズ・ダーウィン:進化論をとなえた博物学者。イギリス軍艦ビーグル号に乗って南米と太平洋を調査したときの体験を基にして、自然淘汰による進化論を考え出します。これをまとめたのが「種の起源」。当時のイギリス社会では、すべての生物は神が創ったというキリスト教の教えが信じられていたので、この本の出版は衝撃的なものでした。

William Shakespeare - (6.8%) - ウィリアム・シェークスピア:エリザベス朝時代の優れた劇作家であり詩人。今なおシェークスピアの作品は舞台に映画に上演され続けています。主な作品には、「ロミオとジュリエット」、「真夏の夜の夢」、「ヴェニスの商人」、四大悲劇として知られている「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リヤ王」などがあります。

Isaac Newton - (5.2%) - イギリスの数学・物理・天文学者。リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついたというエピソードはあまりにも有名(真偽は定かですが)。万有引力の法則の発見、天体の運動を解明、反射望遠鏡の発明など、優れた業績もある一方で、錬金術や神学にはまったり、精神が錯乱したり、なかなか波乱万丈な人生のようですね。

Queen Elizabeth I - (4.4%) - エリザベス女王1世。ヘンリー8世と二番目の王妃との間に生まれました。ヘンリー8世は第1王妃との離婚をローマ教皇に申請しますが、却下されます。これをきっかけにヘンリー8世はローマと決別、英国国教会を設立します。エリザベスは、父の英国国教会を踏襲し国家の中心的役割とします。女王は一生独身を貫いたため the Virgin Queen と呼ばれていましたが、実際は義理の親子となる人たちと愛人関係にあったそうです。

John Lennon - (4.2%) - ジョン・レノン:歌手。ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリソンとビートルズを結成し、大成功を収めます。マネージャーの死やレノンとオノ・ヨーコの出会いがきっかけとなり、ビートルズは解散します。解散後もジョン・レノンは数々の名曲を発表し、音楽活動をこなしていきますが、ニューヨーク市の自宅アパートダコタハウス前で、マーク・チャップマンに銃撃され死去します。

Horatio Nelson - (3%) - ホレイショ・ネルソン:軍人。ナイルの海戦でナポレオン、つまりフランスに大勝、さらにトラファルガル沖の海戦でフランス・スペイン連合艦隊と対戦し、これにも勝利、英国をナポレオンの侵略から救った英雄として人気があります。ロンドンのトラファルガー広場に像があります。

Oliver Cromwell - (2.8%) - 政治家・軍人。王政に対抗し、ピューリタン革命を成功させ、共和政を実現させます。ピューリタンの禁欲主義に基づいた政治を始め、劇場の閉鎖、賭博や売春の禁止などを実施します。また、商工業者などの中産階級に支持されていたため、普通選挙を主張する水平派を弾圧したりもします。クロムウェルの死後、結局は王政が復古してしまいます。
[2010/01/07 21:23 ] | 単語帳 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
偉大な grand
エディット・ピアフエディット・ピアフ
(1997/12/10)
エディット・ピアフ

商品詳細を見る

「フランスの偉人は誰?」
2004年の9月にフランスの国営テレビ局France2が1038人を対象にしてアンケートを実施し、その結果がYahoo.Fr!に掲載されていました。
http://fr.news.yahoo.com/050314/5/4bc89.html
ちなみにこの記事のタイトルに"le plus grand Français de tous les temps"(全時代を通じて一番偉大なフランス人)とあるのですが、 grand には「背の高い」という意味があって、最初見たときは「一番背の高いフランス人」かと思ってしまいました。

上位の10人は以下の通りです。

- Abbé Pierre アベ・ピエール:神父。負傷した軍人などの救済のためにエマユスという慈善団体を立ち上げました。事業の元手を確保するためにリサイクル品を引き取って販売しているのですが、このリサイクル市(いち)、かなり有名なんだそうです。

- Bourvil ブールヴィル:俳優。出演作品は「大頭脳」「仁義」など。「パリ横断(LA TRAVERSEE DE PARIS)」でベネチア国際映画賞(1956年)の男優賞を受賞しました。

- Coluche コリューシュ:演劇俳優。1983年に「チャオ・パンタン」でセザール賞の主演男優賞を受賞しました。とても人気があり、大統領選挙にも出馬したことがありますが、彼のプロデューサーが暗殺されるという事件が起ったため、選挙出馬を取り消しました。一方、フランス国内の貧しい人たちに食事面の援助をするボランティア団体「ハート・レストラン」を作りましたが、その翌年、オートバイ事故でなくなりました。

- Jacques-Yves Cousteau ジャック・イヴ・クストー:海洋探検家。カリプソ号で世界の海を回り、「沈黙の世界」を書いてベストセラーになりました。これを映画化した「沈黙の海」もカンヌ映画祭グランプリを受賞しています。

- Marie Curie マリー・キュリー:物理学者・化学者。ポーランド生まれですが、フランスに亡命しました。ラジウム、ポロニウムを発見し、ベクレル、ピエール・キュリーとともにノーベル物理学章を受賞、さらにラジウムの単離に成功してノーベル化学賞を受賞しました。

- Charles de Gaulle シャルル・ド・ゴール:軍人・第5共和制初代大統領。パリの国際空港の名前にもなっている有名な人。第二次世界大戦中、対独抵抗運動を呼びかけ、レジスタンスの象徴のような存在でした。戦後のフランスを引っ張っていきますが、植民地の独立問題で醜態をさらし、辞任に追い込まれます。

- Victor Hugo ビクトル・ユゴー:作家。日本ではユゴー自身よりもユゴーの作品の方が有名なような気がします。ジャンバルジャンにコゼットといえば「レ・ミゼラブル」。ユゴーの代表作です。また、バレエやディズニー映画にもなっている「ノードル・ダム・ド・パリ」もユゴーの作品です。

- Molière モリエール:17世紀の喜劇作家。主な作品に「人間ぎらい」、「守銭奴」、「町人貴族」。国立の劇団コメディ・フランセーズの前身は、モリエールの作った劇団です。モリエールが亡くなった後に作られましたが・・・

- Louis Pasteur ルイ・パスツール:生化学者・細菌学者。分子の光学異性体を発見し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明しました。また、白鳥の首のように湾曲した形の首をもつフラスコの中に肉汁を入れ煮沸する実験から、細菌の自然発生説を科学的に否定したのもパスツールです。

- Edith Piaf エディット・ピアフ:歌手。代表曲は、イブ・モンタンとの恋から生まれたとまで言われる「ラ・ヴィ・アン・ローズ」、プロ・ボクシングの世界チャンピオンだったマルセル・セルダンとの恋と死別から生まれた「愛の賛歌」などがあります。
[2010/01/05 21:19 ] | 単語帳 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
うさぎ un lapin
ちいさなうさこちゃん (子どもがはじめてであう絵本)ちいさなうさこちゃん (子どもがはじめてであう絵本)
(2000)
ディック ブルーナ

商品詳細を見る


「フランスではミッフィーは人気がないんですよ。」とおっしゃったのは、フランス語市民講座の先生。
やっぱり日本人はキャラクターに弱すぎだとか、日本人に人気があるほうがかえって珍しのではないかとか、生徒はいろいろ言い合いましたが、先生の結論はすごかった。
「やっぱり食料だからね、うさぎは」
えぇ、それが理由?
じゃあ、ジビエ(gibier:狩猟対象となる鳥獣のこと)になる動物は全然かわいくないってこと?旨そうになるわけですか?
「そうですよ。なんたって、奈良公園にフランス人を連れて行くと旨そうだっていうんですから。」
ほんまか~!

ところで、小学生のとき本屋さんに行くと、いつもこのうさこちゃんシリーズ立ち読みしていました。
なんせもう小学生なので、親にうさこちゃんシリーズが欲しいなんて恥ずかしくて言えず、その結果が立ち読みでした。
いつのころからか、うさこちゃんとは言われなくなり、ミッフィーと名前が変わってしまいました。

Miffyは英語及び英語からの訳による版で見られる名前で、日本では講談社刊でミッフィー、福音館書店刊でうさこちゃんと訳されています。
英語媒体の強み、プラス講談社の販路の大きさなどから、ミッフィーの方が市民権を獲得したようです。
ミッフィーまたはうさこちゃんの本当のオランダ語の名前は、nijntje (ナインチェ)。
nijn-は、オランダ語のウサギを意味する単語konijnから来ていて、-tjeは「かわいい」を意味する接尾語です。
こう見ると、石井桃子さん訳の「うさこちゃん」はオランダ語に即したすばらしい訳だったのだと、「うさこちゃん」育ちの私は感じてしまいます。

フランスでももちろん、nijntje の絵本は出版されています。
名前はMiffyです。

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC
[2008/07/08 15:02 ] | 単語帳 あ行 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。