スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
EFFROYABLES JARDINS
ピエロの赤い鼻ピエロの赤い鼻
(2006/04/28)
ジャック・ヴィユレアンドレ・デュソリエ

商品詳細を見る



原題はEffroyables Jardins(恐ろしい庭)。
Jean Becker監督の2003年の作品です。

Jacquesは、戦争中に住んでいた町に毎年家族で戻り、そこでピエロのショーをします。
Jacquesの息子はそれが気に食わないのですが、みかねたJacquesの友人Andreéがピエロのショーを始めた理由を話します。
それは、ドイツ軍による占領下にあったときのこと・・・。

原題のEffroyables Jardinsですが、Apollinaireの詩Calligrammesからの引用で、

"Et que la grenade est touchante, Dans nos effroyables jardins"

「だがわれらの恐ろしい庭でザクロはなんとも痛ましいもの」
(訳はこちらを参照しました)

から来ています。
grenadeにはザクロという意味のほかに、榴弾という意味もあり、爆弾の降る恐ろしい庭ともとることができます。

日本で見ることのできるフランスの戦争映画がたまたまそうなのかもしれませんが、単純な加害者・被害者の図式になっていないのが、フランス映画っぽいななんて思います。
この映画の主人公たちは、もちろんドイツ軍の被害者ではあるのですが、実は加害者の面もあるのです。
ピエロのきっかけを作ったドイツ軍兵士のほうも、もちろん加害者なのですが、戦争が生んだ被害者ともいえます。

向田邦子さんは、時代劇に出てくる悪党の手下がばっさばっさと切り捨てられているのを見て、残された家族のことを思うと見てられないというようなことをおっしゃっていました。
この映画を見てそんなことを思い出しました。
スポンサーサイト
[2008/10/15 21:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
グラン・ブルー
グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版
(2003/06/19)
ジャン=マルク・バールジャン・レノ

商品詳細を見る


唐津においしい魚を食べに行こうと父に誘われ、先日、家族総出で唐津に行きました。
唐津といえば、唐津焼、おくんち、虹ノ松原、松露饅頭・・・ですが、Jacques Mayolゆかりの土地でもあります。
Jacques Mayolは幼少の頃、上海租界に住んでいて、避暑にと家族で唐津を訪れていました。
お気に入りだったのが唐津の北にある「七ツ釜」と呼ばれる自然洞穴。
野生のイルカに出会ったのも七ツ釜でした。

Jacques Mayolファンでもなんでもないので、七ツ釜までは行きませんでしたが、94年にテレビの取材で唐津を訪れてからは毎年のように足を運んだそうなので、Jacques Mayolがきっと歩いたであろう唐津城周辺や泊まっていたホテルの浜辺を散歩してみました。
宝くじが当たるという「宝当神社」のある高島が真正面に見え、眺めは本当にすばらしいものでした(火力発電所の建物が景観を損ねてはいましたが)。

Jacques Mayolは映画「グラン・ブルー」のことをあまり好きではなかったようですが、自殺した彼の遺体のそばのテーブルの上には、「グラン・ブルー」のビデオと、直前に出演したテレビ朝日の「グレートマザー物語」のビデオが置いてあったそうです(wikipediaより)。
やっぱりこの映画を再度見てみたくなりました。

参考:朝日新聞 be
[2008/10/14 14:46 ] | フランス映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ともだちは海のにおい
ともだちは海のにおい (名作の森)ともだちは海のにおい (名作の森)
(2004/09)
工藤 直子長 新太

商品詳細を見る


長新太さんの絵にひかれて買ってみました。
ビールが好きで小説や詩を書くのが大好きなくじらと、お茶が好きで体操をするのが大好きないるかのお話です。

お話の合間にくじらの詩がところどころに挿入されるのですが、その中にくじらがパリに行ったときに書いたフランス語の詩があります。

ぼんじゅーる  

ぼんじゅーる まだむ
うい うい めるしー
のんのん むっしゅ
(以下略)

この詩につけられた訳がまたすばらしいのですが、それは本を読んでくださいね。
くじらが住んでいたリュクサンブール公園の、噴水のある池に行ってみたくなりました。
[2008/10/13 14:46 ] | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
日本人二名とアメリカ人一名にノーベル物理学賞受賞
今年のノーベル物理学賞は、南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏の3人に決まりました。
おめでとうございます!
さて、このニュースをフランス語で見ると
Le Nobel de physique décerné à deux Japonais et un Américain
(YahooFranceより
と、アメリカ人一人、日本人二人となっています。
これは南部さんがアメリカ国籍を取得されたからです。

このニュースの読解についてはこちらをご覧ください。

[2008/10/08 22:39 ] | 日本のニュースをフランス語で | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。