スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ドイツ Allemagne ドイツのallemand
前々回、前々々回でアンケートによるイギリス、フランスの偉人10人を紹介しましたが、実はドイツ版もあります(2003年に実施)。
上位10人は以下の通りです。

Konrad Adenauer コンラート・アデナウアー:政治家。キリスト教民主同盟の創設者のひとりで、西ドイツの初代連邦首相でした。ナチに反対して投獄された経歴があります。ドイツ・フランス友好条約に調印したのもこの人。

Karl Marx カール・マルクス:経済学者・哲学者。エンゲルスとともに、共産主義を打ち立てました。ソ連をはじめ共産主義の国はほとんど崩壊してしまった昨今ですが、資本主義経済を分析したマルクスの著書「資本論」は、今でも読み続けられています。

Albert Einstein アルベルト・アインシュタイン:物理学者。舌をペロッと出した怪しげなおっちゃんの写真を見たことがある方も多いでしょう。あのおっちゃんがアインシュタインです。光量子仮説によって光電効果を解明し、ノーベル物理学賞を受賞します。また、相対性理論を構築しました。ユダヤ人であったアインシュタインは、ナチスの迫害から逃れるためアメリカへ亡命します。そこでナチスに先を越されてはなるまいと、アメリカに原爆を開発するよう進言しますが、実際に原爆が使われたのはナチスに対してではなく日本でした。そのことについてアインシュタインは罪悪感を感じていたそうです。

Johann Sebastian Bach ヨハン・セバスチャン・バッハ:作曲家。バッハ家は音楽一家で、60人ほどバッハ家から音楽家を出しているので混乱しますが、J.S.バッハが一番有名なバッハさんです。現在でも時々バッハの曲をリメークしてる程、バッハの曲は世代を超えて語り掛けるものがあるようです。有名、なおかつ私の大好きな曲は、「ゴールドベルク変奏曲」、「主よ,人の望みの喜びよ(カンタータ147番の第10曲コラール)」、「G線上のアリア」です。

Johann Wolfgang von Goethe ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ:詩人・小説家。政治家。小説では「若きウェルテルの悩み」、「ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代」、詩劇「ファウスト」などが代表作です。また、数多くの作曲家がゲーテの詩に感動し、曲をつけたことでも有名です。「童は見たり、野中のばら」で始まる「のばら」は、シューベルト、ウェルナー、シューマン、ブラームスなど、名だたる作曲家が曲をつけています。

Johannes Gutenberg ヨハネス・グーテンベルグ:活版印刷の発明者。グーテンベルクの発明以前の書物といえば羊の皮からできているものがほとんどであったヨーロッパでは、グーテンベルグの発明した紙の印刷技術によって印刷物が一般に広まるようになりました。印刷をドイツ語でdruck(圧力をかける、プレスする)といいますが、これは、グーテンベルグがブドウの圧縮機を使って印刷したためだそうです。

Martin Luther マルチン・ルター:神学者。宗教改革の発端となった人。免罪符に反対してローマから破門されますが、めげずに福音主義(平たく言えば聖書に戻ろうという主義)を説いていきます。聖書をドイツ語に初めて翻訳したものルター。

Willy Brandt ヴィリー・ブラント:西ドイツの政治家。1969年、中央左派の社会民主党が初めて政権を取り、ブラントが首相となります。ソ連、ポーランド、東ドイツと友好条約を結ぶなどの成果を挙げましたが、秘書が東ドイツのスパイであったことが発覚し、辞職します。

Otto von Bismarck オットー・フォン・ビスマルク:ドイツ帝国初代宰相。軍備拡張を背景にプロイセンを中心としたドイツ帝国を築きます。ドイツ統一は鉄と血によって解決されるとビスマルクは演説したので、鉄血宰相とも呼ばれています。

Geschwister Scholl ゲシュヴィスター・ショル:日本ではショル兄弟(兄と妹)として知られています。ナチス政権下のミュンヘンでナチスへの抵抗を呼びかけた地下組織「白いバラ」に参加しますが、ビラをまいているのが発覚し、ゲシュタポにつかまり、処刑されてしまいます。

フランス、イギリス、ドイツの偉人達を並べてみると、フランスの偉人は圧倒的に文化人が多いですね。
スポンサーサイト
[2010/01/09 21:31 ] | 単語帳 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<歌舞伎 kabuki (forme d’expression the’a^tre tradionnelle au Japon | ホーム | デニム denim>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/104-784c8cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。