スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
男と女
男と女 特別版 [DVD]男と女 特別版 [DVD]
(2009/09/09)
アヌーク・エーメジャン=ルイ・トランティニャン

商品詳細を見る

シャバダバダ、シャバダバダ(chabadabada, chabadabada)の歌で有名な映画「男と女(un homme et une femme)」。

とある日曜日のこと。
一人の女(アヌーク・エーメ)がドービルにある寄宿学校にいる娘と一日を過ごしますが、娘を学校に返す時間が遅くなってしまい、パリへ帰る電車に乗り遅れてしまいます。
そこへ、ちょうど息子を寄宿学校に預けるために一人の男(ジャン・ルイ・トランティニヤン)が来ます。
校長の計らいで女は男の車でパリへ送ってもらうことに。
そこから二人の物語が始まります。

二人が自己紹介するシーンは、フランス語講座の最初のスキットに出てきそうな文句が並んでいて、フランス語の勉強にもなります。

舞台となるドービルは高級保養地として有名な町で、乗馬クラブ、マリーナ、競走馬のオークション、カジノ、別荘などがあり、スノッブなイメージが強い町でしたが、この映画のおかげで、ロマンチックな町に変わります。

町長は今年から町の高校の卒業生全員にこの映画を見せることにしたそうです。
「男と女」、子連れの恋愛を卒業記念に見せるなんて、さすがフランスですねえ。
日本ではちょっと想像できない気がします。
参考:http://www.be.asahi.com/20050514/W21/0001.html
(3ヶ月間だけ見ることができます)
スポンサーサイト
[2010/01/17 22:31 ] | フランス映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<エスパドリーユ espadrilles | ホーム | ワニ un crocodile>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/112-58a80a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。