スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
どういたしまして Je vous en prie.
「フランスの女優ってきれいな人ばっかりなのに、どうして男優は変なんばっかりなんや」と友達が主張したので、とりあえず一応知っている限りのフランス人男優を思い浮かべてみたところ・・・。

ジェラール・ドパルデュー(確かに)
ダニエル・オートゥイユ(私は好きな顔だが・・・)
ジャン・レノ(かっこいいよ!しかし正統派ハンサムとはいえないか・・・)

あっ、でもいたいた、ハンサム男アラン・ドロンが!(古いって)
でも、友達の主張どおり、ハンサムの比率が少ないかもしれません。

ところで、アラン・ドロン、本国フランスではハンサム男の性なのか、「ええかっこしい」とも思われているようです。

フランスのテレビに「Les guinols de l’info」というパロディ番組があります。
そこでは有名人をデフォルメした人形を使って劇をするのですが、アラン・ドロン人形はかなり変な役を演じています。

PPD: hum... Sans transition, oscars obligent, je recois monsieur Alain Delon...
PPD(Patrick Poivre d’Arvorというジャーナリスト): 突然ですが、オスカーといえばアラン・ドロン。ということで、アラン・ドロンさんをお迎えしております。

Delon: Bonsoir monsieur d’Arvor.
ドロン : こんばんわ、ダルボールさん

PPD: Que pensez-vous de ce palmares ?
PPD : オスカー受賞者が決まりましたがご覧になって、どう思われますか?

Delon: Alain Delon n’est pas insensible a la distinction qui lui a ete remise hier soir.
ドロン 「 アラン・ドロンは、本当にうれしいです。」


アラン・ドロン人形は「je(私)」を絶対に使いません。
自分のことを言うときも「アラン・ドロンは・・・」と言います。

Delon: Alain Delon tient a remercier son producteur Alain
Delon. Son realisateur: Alain Delon. Et celui qui lui a donne envie de faire ce metier: Alain Delon. Merci a tous.
ドロン:アラン・ドロンは、アラン・ドロン・プロデューサに感謝します。監督のアラン・ドロンにも感謝。俳優になるきっかけを作ってくれたのもアラン・ドロン。皆さん、ありがとうございます。

PPD: Merci ? Mais pour quelle raison ?
PPD: ありがとうって、どうしてですか。

Delon: L’Amerique voulait recompenser Alain Delon pour l’ensemble de son oeuvre. Elle l’a fait, et de quelle facon ! Meilleur film, meilleur acteur.
Delon: アメリカはアラン・ドロンのすべてを評価し、賞を出そうと考えてくれていたんだ。そしてそれを行動に移した。さすがアメリカ。作品賞、主演男優賞。

PPD: Meilleur acteur ???
PPD: 主演男優賞っていいますと ??

Delon: Oui, monsieur d’Arvor, aux Etats-Unis Alain Delon se dit Al Pacino...
Delon: そうですよ、ダルボールさん、アラン・ドロン(Alain Delon)をアメリカ式に発音するとアル・パチーノ(Al Pacino)。


とまあ、こんなふうに、話は進んでいきます。
オスカーを取ってもいないのにアラン・ドロンが自分がすべて受賞したんだとばかりの発言にPPDはうんざりして、このインタビューを打ち切ります。

PPD: Merci Alain Delon...
PPd: あっ、ありがとう、アラン・ドロンさん。

Delon: Il vous en prie...
Delon: どういたしまして。


「どういたしまして」は本当は
"Je vous en prie."
でもアラン・ドロン人形は「私(je)」を決して使わないので、
"Je vous en prie."
の代わりに
"Il vous en prie"
(Ilは代名詞「彼」)を使って答えます。

冗談の質が違いますよね、日本と。
日本ではこんな番組できないだろうな、きっと。

参考:http://www.ifrance.com/aubonsketch/guignolsdelon.htm
アラン・ドロン人形の写真もあります。
スポンサーサイト
[2008/02/17 12:38 ] | 単語帳 た行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<KY | ホーム | 歌 chanson>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/31-b2f37451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。