スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
サイン une signature
パリからTGVに乗り南西へ向かって約2時間。
ロワール川河口近くにあるナントという街に着きます。
「ナントの勅令」に聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1598年にアンリ4世がプロテスタントに信教の自由を認めた勅令を出したのがこの街ナントです。
18世紀にはアフリカとの砂糖と奴隷の貿易で繁栄しました。
そのせいかどうかはわかりませんが、フランスで最大のビスケットメーカー「LU」の本社工場があります。

ナントに旅行をしたときのことです。
Fnac(フランスで有名な大型の本屋さん(ナントのFnacは外観が美しいので行ってみる価値ありです。)に行ったあと、その周辺をぶらぶら歩いていたら、感じのよさそうな本屋を発見しました。
間口は広くないのですが、奥行きがあり、うなぎの寝床のよう。
通りをはさんで向かい側にも同じ本屋があり、二つを合わせると、結構な広さになります。
両側の壁にはびっしりと本が並んでいて、うなぎの寝床は本屋としては結構効率的な間取りなのかもしれません。

子供の本のコーナーで物色をしていると、日本の本屋で「欲しいけど高いなあ」と思っていたフォンテーヌの絵本がありました。
早速この本を購入することにしました。
カードを店員さんに渡し、店員さんからサインを書く紙を受け取り、紙に自分のサインを書きました。
店員さんに紙を渡すと、店員さんは
C’est la premier fois que j’ai vu une personne qui a e’crit les caracte`res chinois.
(漢字を書く人を初めて見た!)
と大喜び。
かっこいいを連発してくれて、私もうれしかったです。

書類やカードのサインは une signature、人気スターのサインは un autographe です。
スポンサーサイト
[2008/02/19 12:43 ] | 単語帳 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<弾力抜群新素材 | ホーム | 童謡 une chanson enfantine>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/33-bcecca8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。