スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ある日 un jour
アンジュール―ある犬の物語アンジュール―ある犬の物語
(1986/05)
ガブリエル バンサン

商品詳細を見る

こちらを振り返って見ている犬の表紙が印象的な絵本「アンジュール」。
ガブリエル・バンサンが書いた字のない絵本です。

ガブリエル・バンサン、本名はモニック・マルタン。
ベルギーで生まれました。
ガブリエル・バンサンは絵本を書くときの筆名です。
1981年に出した「くまのアーネストおじさん かえってきたおにんぎょう」の成功を機に翌年出版されたのがこの「アンジュール」です。
一匹の犬が捨てられるシーンから始まるこの絵本は反響を呼び今なお読みつづけらています。

ところで、この雑誌に「原書のタイトルは『ある犬の、ある一日(un jour, un chien)』。」と書いてあるのを見て愕然としました。
ずっとアンジュールって犬の名前だと思っていたからです。

この本が日本で出版されたのが1986年、ということは20年近くも私はアンジュールを犬の名前だと思っていたのか。とほほ。

参考:MOE
スポンサーサイト
[2008/03/05 17:28 ] | 単語帳 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<サル un singe | ホーム | しまった! Catastrophe !>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/39-db91ec17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。