スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
Z
1969年の作品(フランス、アルジェリア)です。
監督・脚本はCosta-Gavras。
この映画は、1963年にギリシャで起きたGregoris Lambrakis議員の暗殺をもとにかかれたVassilis Vassilikosの同名小説を映画化したものです。

地中海のとある国で、進歩主義者の議員(Yves Montand)が殺されます。
交通事故で済ませたい軍部と警察、本当の理由を暴こうとする予審判事( (Jean-Louis Trintignant)とジャーナリスト(Jacques Perrin)。
両者の駆け引きがうまく描かれています。
Jean-Louis Trintignantの演ずる予審判事の巧みな話術というか、質問術。

Yves Montandの映画なのでしょうが、私にはJean-Louis Trintignantの映画のように思えました。
スポンサーサイト
[2008/05/25 14:28 ] | フランス映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<Les Choristes | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/57-74cd641f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。