スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
シャンパン champagne
フランスのシャンパーニュ地方で作られる発泡性の白葡萄酒をシャンパンというのは、もうご承知のことと思います。
フランスには原産地呼称統制(appelation d'origine contrôlée : AOC)というものがあり、この規則に則って製造されたものじゃないとシャンパンと名乗れない決まりになっています。
昔は発泡酒なら何でもシャンパンって言っていたような気がしますが、ルール違反だったんですね。

ところでそのAOCに異変が。
2008年8月2日の朝日新聞朝刊によりますと、シャンパンのぶどうの栽培地域が約80年ぶりに見直されることになったそうです。
これは、シャンパンの世界的な需要増に応える必要が出てきたため。
どのくらい伸びているのかというと、最大の輸出先である英国で70年代の5倍以上。
また、ロシアと中国は、全体に占める割合は小さいものの、著しい伸びを見せています。
ロシアで前年の4割増。
中国向けは5年で9倍だそうです。
また、シャンパンの単価は非常に高く、07年のフランスのワイン輸出に占める割合は、量にすると1割未満なのに、金額にすると3分の1以上。
すごいですね。
スポンサーサイト
[2008/08/03 21:30 ] | 単語帳 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<コミュニケーション la communication | ホーム | カーン記念館>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/67-ad674360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。