スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
コミュニケーション la communication
外国人の友人とバスに乗ったときのことです。
斜め後の席に座っている外国人がこちらを、というか友人をじっと見ているのに気づきました。
久しぶりに同士を見つけたかのよう、そんな素振りでした。
バスが発車すると、その外国人は友人に話しかけてきました。
どこから来たのか、どこに住んでいるのかなど、とぎれとぎれに内容は聞き取れるのですが、全体として何を話しているのかよくわからず、あぁやっぱり、英語はようわからん、とがっくりしながらバスに揺られていました。

その人がバスを降りてから、何を話していたのか友人に聞くと、「カナダから日本へ移住し、私立の学校で英語の先生をしているのだけれど、日本人とうまくコミュニケーションをとれない、君はどうだ?」と聞かれたのだそうです。
日本へ来て3年になる友人は、
「確かに外へ出るとじろじろ見られるし、電車やバスでは隣の座席に誰も座らないということも多々ある。でも会社では特にコミュニケーションがうまくとれないということはない。」
と答えたそうです。

カナダ人の彼は、
「日本語が下手だし、コミュニケーションがとれないこともあって、来年には日本人の奥さんとカナダへ帰る」
と言ったそうです。

彼自身は日本人に対して偏見も無く、日本人とうまくコミュニケーションをとりたいと心から思っていたに違いありません。
ですが、現実は彼にとって厳しかったようです。

とても悲しい気持ちになりました。
日本人以外の人に対して、じろじろ見たり、避けたりするなど失礼な態度をとる人がまだまだ多いのですね。
英語の勉強が大事だと小さい子供に英語を勉強させるのは熱心なのに、肝心な部分がおろそかなのではと感じました。
スポンサーサイト
[2008/08/11 20:33 ] | 単語帳 か行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ガレット・デ・ロワ la galette des Rois | ホーム | シャンパン champagne>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/68-11289253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。