スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
マダム madame
初めてフランスを旅行したときは、アン、ドュー、トワ(un, deux, trois: 1,2,3)の数字とボンジュール(Bonjour: こんにちは)、オヴワ(Au revoir: さようなら)、メルシー(merci: ありがとう)、パルドン(Pardon: すみません)くらいしか言えず、かといって英語はフランス語の能力に毛がはえた程度。
フリープランのツアー+延泊で行ったので、道に迷ったり、電車を乗り間違えたり、いろいろ苦戦しました。

パリに着いた翌日、ガルニエのオペラ座のゴージャスな雰囲気にひたりながらバレエ鑑賞ってかっこいい!の夢を実現させるため、オペラ座へチケットを買いに行きました。

確かこの辺のはずなんだけれどと、地図を広げて、オペラ座を探したのですが、なんだか似たような建物ばかりでわかりません。
意を決して、隣で信号待ちしていた女の人に

Pardon, madame.

と話しかけ、地図を見せてオペラ座の場所を指差しました。

女の人はニコッと笑って、目の前にある建物を指差し、あれがオペラ座よと教えてくれました。
かっこわるー。
オペラ座の真裏に立って、オペラ座どこですかなんて聞くなんて・・・

旅行する前は「フランス人は意地悪だ」と聞かされていたので、少しおびえていましたが、この件で拍子抜けしました。
おかげで、初めての海外旅行の緊張感も少しは解け、旅行を楽しめるきっかけとなりました。

Merci, madame !

madame: 既婚女性の敬称。お店の人に話しかけるときなど、既婚未婚がわからないときはmadameを使います。
スポンサーサイト
[2008/09/15 16:05 ] | 単語帳 ま行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ムッシュ monsieur | ホーム | 語学学習につまづいたら・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/75-8b35b9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。