スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
桜 fleurs de cerisier
大学に入学したばっかりのころのことです。
花がほとんど散ってしまった桜の並木の下を友人と歩いていました。
「ねぇ、あの子ら何やってるんだろう?」
友人の見ている先には二人の小学生。
桜の木から何かを取り、それを口に入れています。

確かに何を食べているんだと、私たちも早速手近にある桜の枝をぐいっと引き寄せ、じっとみると、なんと実がなっているんです。
えぇ、これってさくらんぼ?
口にその実を入れると、ほんのり甘い味がします。

小学生は今度は口を開けてお互いの舌を見せ合って笑っています。
私たちもすかさず真似をして口を開けてお互いの舌を見ると、もう何を食べたんだとばかりに真っ赤になっていました。

さくらんぼって桜になるからさくらんぼっていうのかって納得してしまったのですが本当は・・・

http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/tokuhan/sakuraqa.html
このサイトに詳しく説明されています。
要約すると基本的に種類が違うとのことです。
さくらんぼ(さくらんぼは通称名で本当の名前はオウトウ(桜桃))はバラ科サクラ属ウワミズザクラ亜属ミザクラ区に属し、甘果オウトウ類、セイヨウミザクラと呼ばれています。
一方桜は、バラ科サクラ属までさくらんぼと同じですが、その後は人の手によって交配が繰り返され、交雑種となっています。
桜の実はすっぱい実で酸果オウトウ類となり、日本の染井吉野などは実がなっても小さく、すぐに落果してしまいます。
スポンサーサイト
[2009/12/31 21:02 ] | 単語帳 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ナチュラルミネラルウォーター eau mine’rale naturelle | ホーム | 3時のおやつ le quatre heure>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://undeuxtroisfrancais.blog35.fc2.com/tb.php/96-a3a05b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。